【MLB】大谷翔平は「マウンドで支配的だった」 連夜の“自己ベスト更新”を地元紙絶賛

【MLB】大谷翔平は「マウンドで支配的だった」 連夜の“自己ベスト更新”を地元紙絶賛

  • フルカウント
  • 更新日:2022/06/23
No image

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

地元紙「驚異的なスキルを披露して勝利に導いた」

■エンゼルス 5ー0 ロイヤルズ(日本時間23日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地で行われたロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。今季最長の8回を投げ2安打無失点、自己最多13奪三振の快投で6勝目(4敗)を挙げた。21日(同22日)の同カードではバットで自己最多の8打点をマーク。2夜連続で投打でキャリア最多を更新した二刀流を米メディアも絶賛した。

MLB公式サイトは「歴史的な2ゲームショウ:8打点とキャリア新記録の13奪三振!」と2夜連続の活躍を称賛。「二刀流スター、ショウヘイ・オオタニにとってかなり素晴らしいアンコールとなった。2本塁打とキャリアベストの8打点を記録した後、またもやキャリアベストとなる13奪三振を記録して8回を無失点に抑え、エンゼルスの勝利を助けた」と伝えた。

地元紙も絶賛の嵐だ。「オレンジカウンティ・レジスター」は「マウンドで支配的だった」と投球を論評。「オオタニの素晴らしいピッチングパフォーマンス」などで「エンゼルスは最下位ロイヤルズからのスイープを避けた」と伝えた。「ロサンゼルス・タイムズ」は「2本塁打とキャリアベストの8打点を挙げたオオタニが、驚異的な二刀流の片方のスキルを披露してエンゼルスを勝利に導いた」と報じている。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加