【データ】164cm球界最小兵西武滝沢夏央、高卒1年目の育成入団では史上初デビュー戦安打

【データ】164cm球界最小兵西武滝沢夏央、高卒1年目の育成入団では史上初デビュー戦安打

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

西武対楽天 ヒーローインタビュー後、笑顔で記念撮影する滝沢(左)と中村(撮影・浅見桂子)

<西武4-2楽天>◇13日◇ベルーナドーム

身長164センチ。高卒1年目ルーキーの球界最小兵・西武滝沢夏央内野手(18)には、忘れられない1日になった。この日、育成から支配下登録され、「2番遊撃」で即スタメン出場。6回の第3打席に、二塁へ内野安打でプロ初安打をマークし、同点のホームを踏んだ。「126」から「62」に変わった背番号で、お立ち台にも上がった。

◇   ◇

▼西武滝沢がデビュー戦で初安打。育成ドラフトで入団した新人がデビュー戦で安打を放ったのは、08年内村賢介(楽天)09年丈武(楽天)20年大下誠一郎(オリックス)樋口龍之介(日本ハム)に次ぎ5人目。高卒1年目では滝沢が初めてだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加