想いが交錯する「恋とオオカミ」、最終回“シリーズ初の結末”に

想いが交錯する「恋とオオカミ」、最終回“シリーズ初の結末”に

  • シネマカフェ
  • 更新日:2021/05/08
No image

「恋とオオカミには騙されない」(C)AbemaTV, Inc.

もっと画像を見る

ABEMAが贈る「オオカミ」シリーズ最新作「恋とオオカミには騙されない」が現在配信中。4月25日に配信された第11話は、脱落したなえなのが復活できるのか否か、同時に“オオカミ”の性別が判明し、最終回目前の今回も「まさかの結果すぎて、“オオカミ”予想振り出し」「恋の結末はどうなっちゃうの…?」などと視聴者からコメントが寄せられ、盛り上がりをみせた。

第11話は、そら×あおいの太陽LINEデートからスタート。アトリエ作業の前に浅草に出掛けた2人は、金魚すくいや飴細工作りを楽しみ、そらは「いまの自分の気持ちを、Takiちゃんに伝えてきた」と言い、あおいにこれまで悩み、揺れてきた恋心がやっと定まったことを伝えるも、あおいは「ありがとう」とうつむく…。その後、つなが現れ、りょうかから想いを寄せられながらも、当初から気になっていたあおいのことが忘れられない様子だったつなは、あおいを2ショットに誘い出す。

つなは「とにかく、あおいには幸せになってほしくて」とあおいに伝えると、あおいはそらの気持ちが自分に向いていることを正直に伝えつつ「ありがとうしか言えなくて。自分もって言えなくて」と気持ちに迷いがあることを明かす。そんな複雑な展開の恋模様にスタジオでは「背中は推しているけど、自分のことも見てほしいってこと?」「選択肢を与えて、自分を選んでほしいのでは」とつなの心境が議論され、視聴者も「あおいちゃんは、つなとそらどっちに行くの…」とやきもき。

一方、共同作業はラストスパート。みちゅに想いを寄せるちょこは、2人でテントの中の装飾作業に取り掛かり、ちょこはみちゅへの気持ちが強いことをアピール。テントの外では2人の様子を気にするもくだいの姿もあり、最終章で生まれた三角関係に「もくだいとみちゅはこのまま成立できるのか?」「みちゅも複雑だろうけど、みんなが幸せになるといいな」と行方が気になりつつも恋模様を応援するコメントが寄せられた。

そして、グランピング施設での設置をなんとか無事に終えたメンバーたちは、いよいよ視聴者投票により最も“オオカミ”と疑われ脱落したなえなのの復活を待つ。 “オオカミ”が男子だった場合は投票は無効となり、なえなのは復活することができるのだが、果たして…。それと同時に、嘘つきオオカミの性別が明らかになった。

次回、いよいよ最終回。終盤、シリーズ史上最多のLINEが鳴り響き、スタジオもざわついた第11話。予告編では、みちゅが「自分の気持ちが分からんくって」と迷いを明かし、りょうかは「振り向かせたいなって思う。振り向いてほしいなって思う」とアピール。「ヤバい事言っていい?」と言うTakiの隣には親友であるはずのちょこが…。さらに、衝撃の最終回を予感させる“シリーズ初の結末”という気になる文字も浮かび上がっている。

「恋とオオカミには騙されない」最終話は5月2日(日)22時~ABEMAにて配信。

cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加