YouTubeのアプリが勝手に開きます? YouTubeをブラウザで見る方法

YouTubeのアプリが勝手に開きます? YouTubeをブラウザで見る方法

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

YouTubeのアプリをスマホに入れておくと、ブラウザでYouTubeをチェックしようとした際に、勝手にYouTubeのアプリ立ち上がってしまい、困ったことはありませんか?

YouTubeで「チャンネル登録」するには? できない時の対処法も紹介

もちろん、YouTubeアプリでも見たい動画を見ることはできますが、「ブラウザのほうが使いやすい」「画面が大きくて見やすい」などの理由から、ブラウザでの視聴を好む人も多いでしょう。

本記事では、YouTubeをブラウザで見るための方法をまとめました。

YouTubeをブラウザで開く方法3選

YouTubeをブラウザでみる方法は主に以下の3つです。どれかひとつがうまく行かなくても、他の方法でチャレンジしてみましょう。

YouTubeのURLをコピーして検索バーに貼り付ける
YouTubeを新規タブで開く
YouTubeアプリの「共有」からURLをコピーして検索バーに貼り付ける

○■YouTubeのURLをコピーして検索バーに貼り付ける

まずはSafariやChromeなどのインターネットブラウザでYouTubeの公式サイトを検索しましょう。

このとき、検索結果の中から「m.youtube.com」から始まるリンクを見つけたら、長押ししてURLをコピーしてください。

URLをコピーしたら、検索窓に貼り付けて検索します。

これでYouTubeをブラウザで開くことができます。

見たいYouTube動画のURLが先にわかっているのであれば、そのURLをブラウザで検索してもいいでしょう。先ほどと同じ方法で新規タブからYouTubeの動画を見られるようになります。ちなみにこの方法は、スマホのメモアプリにメモしたYouTubeリンクを長押しした場合にも使えます。
○■2. YouTubeを新規タブで開く

ブラウザにてYouTubeを検索して、「m.youtube.com」から始まるリンクを長押しします。そこで出てくる画面の「新規タブで開く」をタップして新しいタブで動画を開きます。こうするとブラウザからYouTubeが見られるようになります。

○■3. YouTubeアプリの「共有」からURLをコピーして検索バーに貼り付ける

YouTubeの公式アプリで動画を開きます。動画タイトルの下に表示されている「共有」をタップします。

そこから表示される選択肢の中から「コピー」をタップすると、URLがコピーされます。

URLをコピーしたら、アプリを一度閉じてブラウザを開きましょう。検索窓をタップして「ペーストして開く」を選択します。

この方法をとればブラウザでコピーしたYouTube動画を視聴することができるようになります。

3つの方法を試してもできない場合は、スマホの設定を変更する

上記の方法を試してみてもブラウザでYouTubeを開くことができないというときは、スマホの設定を見直す必要があるかもしれません。具体的には、以下のような操作が必要となります。

ユニバーサルリンクを無効にする
ブラウザを最新状態に更新する
ブラウザのキャッシュを削除する
スマホを再起動する

○■1. ユニバーサルリンクを無効にする

アプリが自動的に開いてしまうのは、ユニバーサルリンクが有効になっているからかもしれません。iOS10以降の端末だと自動的に有効になっている可能性があります。

ユニバーサルリンクとは、Webサイトのリンクをクリックした時にiOSのアプリを起動させることをいいます。Androidの場合は当てはまりませんので、別の要因を考えましょう。

ユニバーサルリンクを無効にするには、まずブラウザで「YouTube」を検索し、「m.youtube.com」から始まるリンクを長押しします。

長押しした状態で上にスワイプさせると複数の選択肢が出てくるので、「開く」を選んでタップしましょう。これでユニバーサルリンクが無効になります。

○■2. ブラウザを最新状態に更新する

ブラウザのバージョンが古いときにも、自動的にアプリでYouTubeが開いてしまう可能性があります。古い場合は「ブラウザをアップデートしてください」の表示が出るはずなので、最新バージョンにアップデートしてみましょう。セキュリティの面でもアップデートしておいた方が安全です。
○■3. ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュが溜まりすぎていると、ブラウザの動作に支障をきたしてうまく作動しないことがあります。

ブラウザのキャッシュをクリアすることで、ブラウザを正常に作動させられるようにしましょう。以下、SafariとGoogle Chromeにおけるキャッシュのクリア方法を紹介します。

■Safari

ホーム画面から「設定」を開く
「Safari」を選択
「履歴とWebサイトデータを消去」を選択
「履歴とデータを消去」を選択

■Google Chrome

Chromeを開き、画面右下の「メニューアイコン」を開く
「履歴」を選択して、画面左下の「閲覧履歴データを削除」を選択
「キャッシュされた画像とファイル」をチェック
「閲覧履歴データの削除」を選択

○■4. スマホを再起動する

さまざまな方法を試してみてもYouTubeがアプリで開いてしまう場合には、スマホを再起動してみましょう。再起動の方法は、使用しているスマホのシリーズやバージョンによって異なるので、ご自身のスマホの正しい手順で再起動してみてください。
○YouTube動画をブラウザで楽しもう

以上、YouTube動画をブラウザで視聴する方法をまとめました。

ひとつひとつの方法を確認して可能性を潰すことで、現在ブラウザで見られない原因も明確になるはずです。慣れるとすぐにブラウザでYouTubeを開けるようになるため、是非一度さまざまな方法を試してみてください。

Saki Yamamoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加