【爆発の瞬間】“西日本最大級“の花火大会で火災事故か 会場近くの弓道場が全焼 警察が関連捜査

【爆発の瞬間】“西日本最大級“の花火大会で火災事故か 会場近くの弓道場が全焼 警察が関連捜査

  • RKB毎日放送
  • 更新日:2022/08/05

5日夜、福岡県で開催された筑後川花火大会の会場近く爆発火災があり、高等専門学校の弓道場が全焼しました。

夜空を照らす色とりどりの花火。しかし、次の瞬間・・・。大きな爆発音のあと、建物が炎に包まれました。

5日午後8時すぎ、福岡県久留米市にある久留米工業高等専門学校で起きた火事。

火は20分後に消し止められましたが、学校の敷地内にある木造平屋建ての弓道場およそ150平方メートルが全焼しました。けが人は確認されていません。

火が出た当時、学校の近くでは筑後川花火大会が3年ぶりに開催されていました。

警察は、弓道場の屋根に穴が空いていることから、打ち上げられた花火玉が弓道場に落ちて爆発した可能性があるとみて、原因を詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加