ロッテ・マーティンが決勝弾 二木7勝目 連敗止める

ロッテ・マーティンが決勝弾 二木7勝目 連敗止める

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

◇パ・リーグ ロッテ5-1日本ハム(2020年10月16日 ZOZOマリン)

No image

<ロ・日>8回、力投する沢村(撮影・小海途 良幹)

ロッテが投打がかみ合って連敗を2で止めた。

初回に藤原が右中間へ先頭打者弾。プロ1号、2号ともに先頭打者弾という史上3人目の快挙で先制すると、3回にはマーティンが右翼へ25号決勝2ランを放った。

先発の二木も6回3安打1失点(自責0)の好投。16、17、19年にに記録した自己最多の7勝目を挙げた。8月29日のオリックス戦(京セラドーム)から6連勝となった。

救援陣も7回唐川、8回沢村、9回益田の無失点リレー。投打の役者が活躍して連敗を止めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加