オリックス9回代打アダム・ジョーンズが値千金の勝ち越し弾!

オリックス9回代打アダム・ジョーンズが値千金の勝ち越し弾!

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 9回表オリックス無死、左越えに勝ち越しソロ本塁打を放つ代打ジョーンズ(撮影・江口和貴)

<SMBC日本シリーズ2021:ヤクルト5-6オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

オリックスの代打の切り札アダム・ジョーンズ外野手(36)が、値千金の1発を放った。

5-5の同点で迎えた9回。先頭打者として代打で登場。2ボールからヤクルトのクローザー、スコット・マクガフ投手(32)の高めに浮いた直球を振り抜いた。

打った瞬間、確信の当たり。高い弾道でオリックスファンの待つ左翼席に突き刺した。

▼ジョーンズが9回に代打で決勝アーチ。日本シリーズで代打でVアーチを打ったのは、01年<4>戦の副島(ヤクルト)以来20年ぶり。最終回に打った選手は92年<1>戦杉浦(ヤクルト=延長12回)00年<1>戦ニエベス(ダイエー)に次いで3人目となった。なお、代打本塁打は今年の<1>戦モヤ以来30人、32度目で、シリーズで2本の代打本塁打が出たチームは70年ロッテ以来51年ぶり2度目。70年ロッテは井石が1人で2本記録しており、2人が代打本塁打を打ったのは今回のオリックスが初めて。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加