健大高崎・小沢主将「魔物に負けない」初日下関国際

健大高崎・小沢主将「魔物に負けない」初日下関国際

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

対戦相手も決定し、報道陣の質問に笑顔で答える健大高崎の小沢主将(撮影・浅見桂子)

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

関東王者の高崎健康福祉大高崎(群馬)は、大会初日の第3試合で、下関国際(山口)と対戦することが決まった。

小沢周平主将(2年)は、引くクジについて事前にチームメートと話し合い「健大」の「け」を第一候補にすると決めていた。14番目で、見事に残っており「平常心で引けました。特別だと思うので、大会初日に試合をしたい気持ちはありました。集中して、試合に臨みたいです」と話した。

大会初日の試合を引いたが、選手宣誓には当たらなかった。実は、以前から大会初日のクジを引いて選手宣誓をすることまでイメージ。堀江晃生外野手(2年)らと寮で選手宣誓の練習を重ねていたという。センバツでの実現はならなかったが「しっかり試合に集中したいと思います」と笑顔だった。

練習試合を含めた部員の総通算本塁打が230本を超える「強打破壊」打線で、目標はもちろん全国優勝。「甲子園にはよく魔物がいると聞きますが、その魔物に負けないようにやりたいです」と力強く話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加