DeNA今季2度目ドロー サンズ好守に阻まれ併殺もラミ監督「倉本はベストと思う判断をした」

DeNA今季2度目ドロー サンズ好守に阻まれ併殺もラミ監督「倉本はベストと思う判断をした」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇セ・リーグ DeNA3―3阪神(2020年7月31日 甲子園)

No image

<神・D>10回1死一、二塁、大和の左飛を好捕するサンズはすばやく二塁に送球し飛び出した倉本をアウトにする(野手・植田) (撮影・奥 調)

DeNAは今季2度目の引き分け。ラミレス監督は「好投手の青柳相手に3点差を追いついて(試合を)終われたのは非常によかった」と納得の表情だった。

10回1死一、二塁で大和が左翼に大飛球を打ち上げたが、背走したサンズの好守に阻まれ、二塁走者の倉本も帰塁できずに併殺。それでも指揮官は「あの状況で倉本はベストと思う判断をした」と責めず「(山崎)ヤスアキ、三嶋がいいピッチングをしてくれた」と9、10回を無失点に抑えた両投手を称えた。

▼DeNA・上茶谷(先発して6回3失点も白星ならず)序盤からストライク先行で押していけた。(4回に梅野に打たれた3ランは)カットボールがうまく指にかからずに抜けてしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加