ソフトバンク期待の育成左腕・大関、西武を2回0封! 支配下へ猛アピールも本人は緊張感たっぷり

ソフトバンク期待の育成左腕・大関、西武を2回0封! 支配下へ猛アピールも本人は緊張感たっぷり

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

◆練習試合 ソフトバンク3-2西武(23日、宮崎アイビー)

ソフトバンク育成2年目の大関が2回無失点と好投した。

23日にA組に初昇格した左腕は2番手で登板。4回は第1打席で2ランを放ったブランドンを直球で中飛に仕留めるなど三者凡退。5回は1死から安打を許したものの、森を中飛、代打山野辺を三ゴロに打ち取った。

最速143キロの直球にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜて2回無失点。「いつもより緊張したけど、なんとか持ち味は出せた」。19日の紅白戦でも2回無失点と好投。今キャンプでの猛アピールで念願の支配下登録も見えてきた。

仙台大時代は無名の存在だったが、1年目の昨季は2軍戦などで経験を重ねた。「初めて他球団の1軍と対戦して、厳しいボールもしっかりミートされた。打者との勝負にもっと神経を使わないと抑えられない。先を見る余裕はない」。23歳に浮かれるそぶりはなかった。(長浜幸治)

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加