早期利上げ観測後退で米長期金利は目先的に弱含みか

早期利上げ観測後退で米長期金利は目先的に弱含みか

  • FISCO
  • 更新日:2021/04/07
No image

株式会社フィスコ

6日のニューヨーク市場では、米早期利上げ観測の後退によって長期債などの利回り水準は低下した。投資家の間では米連邦準備制度理事会(FRB)は2022年末までに一度、2023年中に複数回の利上げが実施されるとの見方が広がっていたようだが、新型コロナウイルスの感染流行が終息に向かってもインフレ見通しが大きく変わることはないとの見方が出ており、早期利上げ観測は後退した。

市場関係者の間からは、「大規模インフラ投資はインフレ見通しの引き上げにつながると断定できない」、「法人税率引き上げの可能性や経済に与える影響について細かく調べる必要がある」との声が聞かれている。目先的に米長期金利は伸び悩み、ドルの上値はやや重くなる可能性もあり得る。

FISCO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加