ウェッジ選びにもう悩まない!ブリヂストン最新作「TOUR B BRM&TOUR B BRM HFウエッジ」

ウェッジ選びにもう悩まない!ブリヂストン最新作「TOUR B BRM&TOUR B BRM HFウエッジ」

  • スポーツナビDo
  • 更新日:2020/09/17
No image

多彩なテクノロジーで、プロ・アマ問わず多くのゴルファーの支持を得ている「ブリヂストン」。そこで今回は、ブリヂストンの最新作「TOUR B BRM&TOUR B BRM HFウェッジ」をクラブフィッターの小倉勇人さんが試打。それぞれの特徴を解説していただきました。

TOUR B BRMウエッジの特徴

No image

BRMウエッジは、ティアドロップ系のストレートフェースで、操作性の良さそうな形状をしています。

No image

溝と溝の間にミーリングがされているバッティングレールミルドがどちらのモデルにも搭載されていて、ラフなど悪い状況でもしっかりボールにスピンをかけることができるようになっています。

No image

ロフトに応じて、フェースの肉厚・ソール形状を番手別に設計しています。ロフトの立っているものは肉厚を少し下げて、安定した飛距離とソールもバウンスが効いてフルショットがしやすくなっています。

No image

ロフトが増えてくるにつれ、肉厚をトゥの上に厚めに調整されています。番手別に肉厚を調整されたグラビティコントロールデザインによって、安定した高重心にさせることで、インパクト時にフェース面がしっかり立ち、安定してスピンがかかるようになっています。

ソールはロフトによって4種類に変化するようになっています。ブリヂストンでロフトに対して適正なソールが選ばれていますので、どれを使ったら良いか迷いがないので分かりやすくできています。

TOUR B BRM HFウエッジの特徴

No image

ウエッジに機能を持たせてオートマチックにやさしく打てるようになっています。

No image

形状は、ヒールにボリュームのある卵形のグース形状。ボールを包み込むような形状なので、安心して構えやすくボールをつかまえてくれそうなイメージです。

特徴的なのは、フェースの内部にチタンとセラミックの素材が入っているところ。チタンとセラミックはボディの軟鉄より比重が軽いので、それをどこに置くかで重心の設計を変えられるようになっています。

※ご迷惑をおかけしますがこちらの動画は再生できません。

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。

スポナビGolf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加