霊山島自然保護区、カーボンネガティブの認証を取得 山東省青島市

霊山島自然保護区、カーボンネガティブの認証を取得 山東省青島市

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/01/15
No image

霊山島自然保護区、カーボンネガティブの認証を取得 山東省青島市

霊山島省級自然保護区の主要エリア。(資料写真、青島=新華社配信)

【新華社青島1月15日】中国山東省青島市にある霊山島省級自然保護区は13日、同自然保護区の二酸化炭素(CO2)排出量の計算結果が中国品質認証センターによって認定され、カーボンネガティブ(CO2の吸収量が排出量を上回る状態)を実現したと発表した。

No image

霊山島自然保護区、カーボンネガティブの認証を取得 山東省青島市

霊山島省級自然保護区の主要エリア。(資料写真、青島=新華社配信)

カーボンネガティブは森林や草原、湿地、海洋、土壌、凍土における炭素固定技術のアップグレードを強化して、生態系の炭素吸収力を高めることにより実現される。中国品質認証センターが認めた同保護区の2020年のCO2、メタン、一酸化二窒素の排出量はCO2換算で5668トン、森林の炭素吸収量が同7001トンで、年間の排出量は差し引きマイナス1333トンとなる。

No image

霊山島自然保護区、カーボンネガティブの認証を取得 山東省青島市

霊山島省級自然保護区の主要エリア。(資料写真、青島=新華社配信)

同自然保護区管理委員会の王金凱(おう・きんかい)副主任は、保護区ではここ数年、ソーラーライトや太陽光発電、クリーンエネルギーへの転換、森林保全などに積極的に取り組むことで、CO2排出源を段階的に削減し、CO2吸収源を増やしてきたと説明した。(記者/王凱)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加