iPhoneを決済ターミナルとして使えるようにするスタートアップをAppleが買収

iPhoneを決済ターミナルとして使えるようにするスタートアップをAppleが買収

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/08/01
No image

Appleが、カナダ・モントリオール拠点の「Mobeewave」を買収した、とBloombergが伝えています。iPhoneが決済ターミナル(信用照会端末)に早変わりするアプリ開発で知られるスタートアップ企業です。

専用アプリとNFCのみで動作

「Mobeewave」の技術は専用アプリを使用しますが、ハードウェア面では2014年以降のすべてのiPhoneに埋め込まれている近距離無線通信(NFC)以外必要としません。

事情に詳しい人物によれば、Appleは買収のためおおよそ1億ドル(約106億円)をMobeewaveに支払ったとされています。AppleはMobeewaveチーム全体も獲得しましたが、従業員はみなこれまで通りモントリオールから業務を行うとのことです。

Apple広報担当者は、「Appleは時折、比較的小規模なテクノロジー企業を買収することがあるが、その目的や計画については明かさないことになっている」と今回の買収に関してコメントしています。

Appleの新サービスとなる可能性も?

Appleは2014年にApple PayをiPhoneに追加し、タップひとつで小売店舗で買い物ができるようになりました。昨年、Apple独自のクレジットカードApple Cardもサービス開始となりました。

今回買収されたMobeewaveが、今後Apple関連サービスとして発表された場合、モバイル決済サービスを提供するSquareと競合関係となる可能性があります。

MobeewaveのWebサイトには、「3つのステップでiPhoneを簡単に決済ターミナルとして使用できる」と記されています。

No image

Source:Bloomberg

(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加