22年三谷大河「鎌倉殿の13人」に大泉洋、菅田将暉、中村獅童、小林隆、宮沢りえ

22年三谷大河「鎌倉殿の13人」に大泉洋、菅田将暉、中村獅童、小林隆、宮沢りえ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/20

NHKは20日、俳優の小栗旬(37)が主人公、北条義時を演じる2022年放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主要キャストを新たに5人発表した。源頼朝を俳優の大泉洋(47)、源義経を俳優の菅田将暉(27)、梶原景時を歌舞伎俳優の中村獅童(48)、三善康信を俳優の小林隆(61)、牧の方を女優の宮沢りえ(47)が演じる。

この日、番組公式ツイッターに投稿された動画の中で、脚本を務める三谷幸喜氏(59)が配役とプロフィルを読み上げた。三谷氏が大河の脚本を担当するのは「新選組!」「真田丸」に続き3度目。出演者は16日から5日間にわたって発表された。同局を通じツイッターで発表された5人のコメントは以下の通り(原文ママ)。

大泉洋のコメント「源頼朝といえば、征夷大将軍であり鎌倉幕府を開いた英雄でありますが、そこに到るまでの平家との因縁や弟義経との確執、妻政子との物語など歴史の教科書では語られない人間頼朝を素晴らしい共演者の皆々様と共に丁寧に演じていけたらと思っております」

菅田将暉のコメント「『悲劇の武将』と言われ、ドラマティックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く実体がよくわからないところが演じる上では興味深いと思っています。いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“綺麗事で終わらせない”ということ。特に義経は綺麗なイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです」

中村獅童のコメント「歌舞伎では『梶原平三誉石切』という演目や、その他様々な演目にも度々登場し私自身も演じた事があります。その人柄は、大悪人と言われる事も多い、悲劇の武将『梶原景時』。でも三谷さんのことだからただの悪人というわけでは無いはず…諸説ある歴史背景とともに、三谷さんがどのように描いてくださるか今からワクワクしています」

小林隆のコメント「伯母が源頼朝の乳母であった関係で頼朝の平家打倒の挙兵に大きな役割を果たし、京都朝廷の官人から鎌倉幕府草創期の政務を支える存在となる三善康信。そのドラマチックな人生を生きることが楽しみでなりません。平安時代末期から鎌倉時代初期へ、貴族中心の世界から武士中心の世界へという歴史の大きな転換期を、朝廷勤めで培った文官としての能力を武器に、思う存分生き抜きたいと思っております。『13人』のひとりとして」

宮沢りえのコメント「牧の方と言うと、悪女というイメージがありました。あまり悪い女を演じた事がない私にこの役をオファーしてくださったことに、驚きと喜びを感じております。主役の小栗さんをはじめ、一筋縄ではいかない素晴らしい役者さん達の中で、惜しみなく牧の方を愛し、演じようと思います」

No image

大泉洋

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加