山下美夢有「60」同組の青木瀬令奈は初体験に驚き「マーカーとして初めて60って書いた」

山下美夢有「60」同組の青木瀬令奈は初体験に驚き「マーカーとして初めて60って書いた」

  • THE ANSWER
  • 更新日:2022/09/24
No image

ラウンド中に談笑する青木瀬令奈(左)と山下美夢有【写真:Getty Images】

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン第1日

女子ゴルフの国内ツアー・ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは23日、宮城・利府GC(6491ヤード、パー72)で第1日が行われ、山下美夢有(加賀電子)が12バーディー、ノーボギーの通算12アンダー。従来の18ホール(パー72)ツアー最少ストローク記録61を1打更新する「60」という衝撃のラウンドで首位に立った。同組で回った青木瀬令奈(フリー)は「マーカーとして、60って初めて書きました」と初体験に驚いた。

ショットもパットも冴えた神がかり的な18ホールを一緒に回り、青木は山下について「50台も出るんじゃないかと思うようなゴルフでした。マーカーとして、60って初めて書きました。すごい良いゴルフでしたね」と印象を語った。

「なんですかね、もちろんショットもついているんですけど、パットが結構入っていた印象があります。そのOKバーディーっていうのがなくて、しっかりとワンピン以上のものが入っていた印象があるので、すごい転がりが良いなと思いながら見ていました」

一方の自身もボギーなしの5アンダー4位タイと好発進した。ここ2か月ショットに悩んでいたというが、前夜に打ち込みを敢行。「スコアには表れているし、要所要所でいいボールが打てていたので(復調の)兆しはあるかなと思いつつ、まだまだ自分のものにはできていないので、日曜日に向けてどんどん良くなってきたら良いなと思います」と前を向き、「最終的には美夢有ちゃんのようなビッグスコアが出せれば良いなと思います」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加