ソフトバンク和田が先発陣の連続白星止めて「ベースカバーを反省したい」

ソフトバンク和田が先発陣の連続白星止めて「ベースカバーを反省したい」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆ソフトバンク11-4楽天(18日、ペイペイドーム)

先発和田が5回途中4失点の内容に首を振った。3回まで被安打1、無失点と好投も、2点先制直後の4回、2死満塁で下水流に適時内野安打を許すと失策も絡んで追い付かれた。

5回に2安打で1死一、三塁とされて降板。先発投手の連続白星は7でストップも、打線の奮起で黒星は付かずにチームも勝利した。それでも「投球内容はもちろん反省しなければいけないが、それ以上に4回のベースカバーを反省したい。基本的なことをもっとしっかりしないといけない」。4回先頭鈴木大の一塁へのゴロをベースカバーに遅れて安打にしたことを挙げ、己に厳しいところを示した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加