田中靖規のSFサスペンス「サマータイムレンダ」のTVアニメが2022年に放送決定!

田中靖規のSFサスペンス「サマータイムレンダ」のTVアニメが2022年に放送決定!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/07/22
No image

TVアニメ「サマータイムレンダ」ティザービジュアル (C) 田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

少年ジャンプ+で連載され、累計1億3000万PVを誇った人気コミック「サマータイムレンダ」のTVアニメが2022年に放送決定! 作中での"初日"にあたる本日7月22日に発表されました。

「サマータイムレンダ」原作コミック第1巻書影

「サマータイムレンダ」は、主人公の網代慎平が幼なじみである小舟潮の死をきっかけに故郷である和歌山県の日都ヶ島に帰ってきたところから幕を開けるSFサスペンスです。

放送時期の発表にあわせて解禁されたティザービジュアルは、初夏を思わせる海の上に背中合わせで立つ網代慎平と小舟潮が描かれており、その背後に日都ヶ島が確認できます。

田中靖規さんによる原作コミックはジャンプコミックスより全13巻が好評発売中です。少年ジャンプ+では、第1話から第3話までが無料公開されています。また、アニメと同時に実写企画が進行中です。

【イントロダクション】

「潮が死んだ――。」

幼馴染・小舟潮の訃報を聞いた網代慎平は、2年ぶりに故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰ってきた。家族や友人との再会。滞りなく行われていく葬儀。しかし、親友・菱形窓は「潮の死には不審な点があり、他殺の可能性がある」と慎平に告げる。翌日、近隣の一家が突如として全員消えてしまう事件が発生。時を同じくして、慎平はある不吉な噂を耳にする。

「自分にそっくりな"影"を見た者は死ぬ。影に殺される――!」

さらに、潮の妹・澪が「お姉ちゃんが亡くなる3日前に影を見た」と言いだして……!? 紀淡海峡に浮かぶ夏の小さな離島で、時をかけるSFサスペンスが、今幕を開ける――!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加