DeNA、シャッケルフォードと合意 育成契約も投球に問題なければ支配下に

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

DeNAは21日、本紙の既報通り、新外国人として救援右腕のケビン・シャッケルフォード投手(31)と育成契約で合意したと発表。同投手は入団決定に自身のインスタグラムで「ベイスターズの一員になれて興奮している。けがからの復帰への道を支えてくれた人たちに感謝したい」とコメントした。

米大リーグでは2017、18年にレッズで通算31試合に登板して0勝1敗、防御率5・35。平均150キロ超の直球と鋭く変化するスライダーを武器に計38回2/3で45三振を奪った。8を超えれば一線級とされる奪三振率は10・1をマーク。マイナーでも通算264試合の登板で18勝27敗42セーブを記録した。

18年6月に右肘靱帯(じんたい)再建手術を受けた影響で最近の2年間は所属チームがなかったが、球団はメディカルチェックで問題ないことを確認済み。来日後、投球内容に問題がなければ支配下契約に切り替える見込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加