国申請の辺野古設計変更 玉城知事「不承認」 再び法廷闘争へ

国申請の辺野古設計変更 玉城知事「不承認」 再び法廷闘争へ

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/11/25
No image

米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への県内移設計画を巡り、防衛省が申請していた設計変更を不承認とする処分を行ったと発表する同県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2021年11月25日午後5時33分、竹内望撮影

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は25日、県庁で記者会見を開き、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事に伴って防衛省が申請していた設計変更を不承認とする処分を行ったと表明した。

【写真特集】新宿上空を飛行する「ブラックホーク」

軟弱地盤の改良工事に着手するには、公有水面埋立法に基づき政府が知事から設計変更の承認を得る必要がある。政府は今後、移設を進めるために対抗手段を講じる構えで、沖縄県と政府の対立は再び法廷闘争に発展する見通しだ。【遠藤孝康】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加