【POG】クインズバジルがラスト新馬制す 岩田望は上々の評価

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22

「新馬戦」(21日、阪神)

阪神4Rで世代最後の新馬戦を制したのはクインズバジル(牝3歳、父クリエイター2、母ケイアイリブラ、栗東・梅田)。好スタートを決めて道中は3番手を追走。直線早めに抜け出すと、物見をする幼さを見せながらも、しっかりと脚を伸ばして3馬身差で快勝した。

岩田望は「抜けてから遊んでいたのは課題ですね。でも、レースセンスはいい」と上々の評価。梅田師は「最後の新馬戦にようやく間に合った感じだったのでびっくり。期待を持たせてくれる内容でしたね」と目を細めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加