ビーチバレー国際大会申請漏れの関係者3人を処分

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14

日本バレーボール協会が14日、昨年1月のビーチバレー国際大会のキャンセル手続きを申請漏れしたことに関し、関係者3人を懲戒処分にしたと発表した。

出場希望の選手が大会に出られない事態を招いたとして、事務局長の鍛冶良則氏を「厳重注意」、ハイパフォーマンス事業本部長の鳥羽賢二氏とハイパフォーマンス推進部ビーチバレ-ボール強化部長の小田勝美氏を「けん責」にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加