オリックス・平野佳 日本シリーズ初セーブ 第6戦「由伸を援護できるように」

オリックス・平野佳 日本シリーズ初セーブ 第6戦「由伸を援護できるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

9回、青木を二ゴロに打ち取り雄叫びを上げる平野佳(撮影・開出牧)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト5-6オリックス」(25日、東京ドーム)

オリックスの平野佳が、初登板で九回を無失点に抑え、シリーズ初セーブを挙げた。

八回にヒギンスが2四球から山田に3ランを浴びるなど、中継ぎ陣が打たれたが、守護神はしびれる場面を締めた。

先頭西浦に四球を与え、次打者の代打川端を右飛に。塩見を直球で見逃し三振に抑えると、最後は青木を二ゴロに抑え、しのいだ。

これまで4試合は登板はなかったが「シーズンと一緒の気持ちで今日も入れた。やることは一緒ですので、常に変わらずです」と頼もしく言った。

第6戦は中嶋監督が山本由伸の先発を明言。平野佳は「由伸をしっかり援護をみんなで、できるように、由伸を日本シリーズに勝たせるのも、すごい大事なこと」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加