巨人・原監督 大逆転勝ちも広岡の守備に「あれをヒットにしているようでは...」

巨人・原監督 大逆転勝ちも広岡の守備に「あれをヒットにしているようでは...」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

巨人・原監督は、3連勝でも苦言を忘れず(東スポWeb)

巨人は14日の中日戦(東京ドーム)に「7番・二塁」でスタメン出場した広岡大志内野手(25)に苦言を呈した。

広岡は初回の守備で相手の先頭打者・岡林のゴロを捕球しながら転倒してしまい、一塁に送球できずに記録は内野安打としてしまった。いきなりの〝誤算〟に始まり、1点を先制され、2回には先発シューメーカーが2点を献上した。原辰徳監督(63)は3回の守備から広岡をベンチに下げ、増田大を二塁で起用。その後、チームは最大5点差をひっくり返して7―6で3連勝を飾った。

チームが再び勢いに乗れそうな勝ちっぷりにも序盤、しかも初回に自ら主導権を手放すようなプレーに、指揮官として黙ってはいられなかった。

「セカンド、ヒットではあるけれどもね。あれをヒットにしているようでは、やっぱり投手に申し訳ないなという感じですね」

加えて、5回4失点(自責3)で降板した助っ人右腕に対しても「それを差し引いても、本人ももうひとつ、ふたつ工夫が必要かな」と注文をつけた。

この日はシューメーカーにけん制悪送球もあり、チーム全体ではリーグワーストの30失策。接戦を勝ち切っていく上でも記録に残らないミスも含めて、減らしていきたいところだが…。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加