横浜流星、吉高由里子からバースデーサプライズ “ハプニング発生”も喜び<きみの瞳が問いかけている>

横浜流星、吉高由里子からバースデーサプライズ “ハプニング発生”も喜び<きみの瞳が問いかけている>

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/09/15

【モデルプレス=2020/09/15】映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月23日公開)の完成報告イベントが15日、都内で行われ、W主演を務める女優の吉高由里子、俳優の横浜流星、メガホンをとった三木孝浩監督が出席。あす16日で24歳の誕生日を迎える横浜へ、バースデーサプライズが行われた。

No image

(写真 : 吉高由里子、横浜流星(C)モデルプレス)

【写真】横浜流星が24歳に 映画イベントでバースデー祝福

トークセッション後、MCに「今日は吉高さん発信の企画があるんですよね?」とふられた吉高は、カンペをまじまじと見つめ、それに気づいた横浜が「見えちゃった。…見ない(笑)」と咄嗟に目隠し。吉高は「明日はなんと、横浜流星さんのお誕生日があります!」と告げ、リモート中継で参加した45名の観客からも祝福を受けた横浜は「めちゃくちゃ嬉しいです!ありがとうございます。こんなに幸せな誕生日前日はないです」とにっこり。

吉高が巨大フラワーケーキを運んでくると、横浜は「僕の好きな紫色!」と大喜びするも、「こんなの台本に書いてなかったからどう反応すればいいのか…」と戸惑い。これに吉高も「私も動揺しちゃってカンペの文字が濁るっていうハプニングが起きちゃいました(笑)。最近私番宣とかで急にふられて焦っちゃうと、視界が歪むんですよ。これって多分、明香里の影響なんじゃないかと…」と語って笑いを誘った。

横浜は「こんなに幸せなことはないですよ!本当に嬉しいです」と笑顔を見せながら、肩の荷が下りた様子の吉高に「いつもと違うなと思っていたのはそういうこと?(笑)」と首を傾げていた。

◆吉高由里子&横浜流星「きみの瞳が問いかけている」

三木監督の最新作となる同作は、恋愛映画史を涙で塗り替えるほど、純度の高い「無償の愛」を描いた“純愛”映画。吉高は、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、明るく健気に生きようとする女性・明香里を、横浜はかつて将来を有望視されていたキックボクサーだったものの、過去の事件によって心を閉ざし、今は日雇いバイトで食いつなぐ毎日を送る無口な青年・塁を演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加