地獄のデスマッチ?「野球部に花束を」黒田と先輩のティーバッティング収めた本編映像

地獄のデスマッチ?「野球部に花束を」黒田と先輩のティーバッティング収めた本編映像

  • コミックナタリー
  • 更新日:2022/08/06

クロマツテツロウ原作による実写映画「野球部に花束を」の本編映像「トラウマのティーバッティング編」が公開された。

No image

実写映画「野球部に花束を」の本編映像「気合いの握手編」より。

すべての画像・動画を見る(全25件)

「野球部に花束を」は中学時代の野球部生活に別れを告げ高校デビューを目指すも、ひょんなことから再び野球部に入ることになった主人公・黒田鉄平の日常を描いた物語。本日8月6日に夏の甲子園が開幕することを記念し解禁された今回の映像では、醍醐虎汰朗演じる黒田が3年生のティーバッティングを手伝うシーンを観ることができる。朝練で先輩にトスを上げるも上手く投げられず、下手くそと罵られる黒田。次こそはと一球に全神経を集中して投げるが、またもあらぬ方向に投げてしまい、遂に「ふざけてんのか、この野郎!」と3年生を激昂させてしまうのだった。また“格言マン”に扮する里崎智也もワイプで登場し、「ただ下から投げるだけなのに、1年にとって3年生に投げるティーは地獄のデスマッチだ」と“野球部あるある”を解説する。映画「野球部に花束を」は8月11日に全国公開。

実写映画「野球部に花束を」

2022年8月11日(木・祝)全国ロードショー

スタッフ

原作:クロマツテツロウ『野球部に花束を ~Knockin' On YAKYUBU's Door~』(秋田書店「少年チャンピオン・コミックス」刊)
主題歌:電気グルーヴ「HOMEBASE」(C)macht inc.
音楽:海田庄吾
監督・脚本:飯塚健
製作:森田圭、沖浩
エグゼクティブプロデューサー:多田一国、大野高宏
プロデューサー:金山、宇田川寧、吉田憲一
共同プロデューサー:田口雄介
撮影:川島周
Bカメラ:初野一英
照明:本間大海
録音:鈴木健太郎
美術:稲付正人
装飾:篠田公史
編集:森下博昭
音響効果:松浦大樹
衣装:白石敦子
ヘアメイク:内城千栄子、杉山裕美子
スクリプター:石川愛子
キャスティング:梓菜穂子
助監督:松下洋平
制作担当:田口大地
ラインプロデューサー:島根淳
製作幹事:KDDI
制作プロダクション:ダブ
配給:日活

キャスト

醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央、駒木根隆介、市川知宏、三浦健人、里崎智也(野球解説者)、小沢仁志、高嶋政宏

※高嶋政宏の高ははしご高が正式表記。

(c)2022「野球部に花束を」製作委員会

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加