阪神アピール合戦 ドラ1佐藤輝、高山、井上にも快音 藤浪、石井大も好投

阪神アピール合戦 ドラ1佐藤輝、高山、井上にも快音 藤浪、石井大も好投

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/21
No image

6回、適時二塁打を放つ佐藤輝(撮影・田中太一)

「練習試合、阪神4-3広島」(21日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

最終回に点差を詰められたが、阪神が広島に勝利。若手を中心にアピール合戦が繰り広げられた。

先発の藤浪や「3番・右翼」で出場したドラフト1位・佐藤輝(近大)が存在感を発揮した一戦となった。

先発の藤浪は3回2安打無失点と力投。最速156キロの直球に、140キロ後半のフォークやカットボールなどを駆使し、広島打線をきりきり舞いだ。

今年、対外試合初先発となった右腕だが、順調な調整ぶりをマウンドで証明。3年ぶりの開幕ローテへ、視界は良好だ。

佐藤輝は初回2死走者なしで迎えた第1打席。昨年、3勝負けなしの虎キラー・森下の直球を捉え、右中間への二塁打とした。第2打席は安打とはならず、悔しげな表情を浮かべていたが、“プロ初対戦”で結果を出せたことは大きい。

佐藤輝と同じくルーキーの同8位・石井大(四国ILp・高知)は六回から登板。クロンから空振り三振を奪うなど、1回無安打無失点、2奪三振と開幕1軍入りへ猛アピールしていた。

野手陣では高山が2安打、小幡と井上も適時打を放ち、存在感をアピールした。守備では捕手の梅野が二盗阻止、三塁走者をけん制で刺すなど、強肩ぶりが際立った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加