北朝鮮、最前方で任務追加し作戦計画修正...核兵器コントロールの可能性

北朝鮮、最前方で任務追加し作戦計画修正...核兵器コントロールの可能性

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2022/06/23
No image

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長

北朝鮮が最前方部隊の作戦任務を追加して関連作戦計画の修正に入った。小型核弾頭を搭載した新型戦術誘導兵器と短距離ミサイルを最前方部隊で運用し作戦計画も修正するものという分析が出ている。

朝鮮中央通信が23日に報じたところによると、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は21日に続き22日も労働党中央軍事委員会第8期第3回拡大会議を主宰した。この会議では前線部隊の作戦任務追加と作戦計画修正案、軍事組織改編問題などを議論したという。

通信は「会議では、党の軍事戦略的企図に従って朝鮮人民軍前線部隊の作戦任務を追加確定し、作戦計画を修正する問題と重要軍事組織編制の改編に関する問題を討議した」と明らかにした。

続けて軍総参謀部が党中央軍委員会委副委員長らの指導の下に該当問題に対する研究討議を行い、その結果をまとめて文書を作成して党中央軍事委員会に報告したと付け加えた。

通信によると、金委員長は「前線部隊の作戦能力を高めるための重要軍事的対策を取っている党中央の戦略的見解と決心を披歴し、この活動の重要性を強調してその実行における諸般の原則と課題と方途を宣明した」という。

ただ追加された前線部隊の作戦任務と作戦計画修正、軍事組織編成改編方向は具体的に公開されていない。このうち前線部隊作戦任務追加確定と作戦計画修正討議は4月に金委員長の参観の下で試験発射した新型戦術誘導兵器など核弾頭の搭載が可能な短距離ミサイル運用と関連があるとみられる。

一方、北朝鮮は21日に党中央軍事委員会拡大会議を招集し2日にわたり進行中だ。党中央軍事委員会拡大会議が開かれたのは昨年6月11日から約1年ぶりで、北朝鮮が7回目の核実験に向けた「物理的準備」を完了した状況で今回の会議が開催され、核実験関連メッセージが出てくるかに関心が集まっている。ただまだ核実験関連の事項は出ていない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加