阪神大山2戦ぶり出場でダメ押し打「最後に打つのは価値がある」矢野監督

阪神大山2戦ぶり出場でダメ押し打「最後に打つのは価値がある」矢野監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/07
No image

ヤクルト対阪神 9回表阪神1死二塁、適時三塁打を放つ大山(撮影・たえ見朱実)

<ヤクルト5-11阪神>◇4日◇神宮

阪神の主将大山悠輔内野手は2戦ぶりの出場でダメ押し打を放った。

2日広島戦は疲労を考慮されて欠場したが、「4番三塁」で先発復帰。2点差に迫られた9回1死二塁、右中間フェンス直撃の適時三塁打を決めた。ただ、3回無死一、三塁、5回2死二塁では凡退。三塁守備でも5回に適時失策で1度勝ち越しを許していた。矢野監督は「最後に打つのは価値がある」とした上で「もっといい打者、4番になってもらうためには、前半のチャンスでかえすことが求められる」とさらなる期待をかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加