夏の小倉城は“限定づくし” 「1日20食かき氷」に「土曜の夜だけ天守閣バー」 新たな魅力で人気

夏の小倉城は“限定づくし” 「1日20食かき氷」に「土曜の夜だけ天守閣バー」 新たな魅力で人気

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/08/05
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北九州市を代表する観光名所としてお馴染みの「小倉城」ですが、これまでになかった新たな魅力を楽しめるスポットとして人気を集めています。

◆武士姿の従業員

「本日は小倉城にお越しいただきまして、誠にありがとうございます」

ここは小倉城天守閣の入り口。

出迎えるのは「よろいかぶと姿」の「武士」。

そして、「忍者」や「町人風」の浴衣を着た人の姿もー。

江戸時代にタイムスリップしたかのような空間が演出されています。

◆来場客

「城下町という感じですごく素敵です」

北九州市のシンボルとして市民に親しまれてきた「小倉城」。

これまでになかった新たな魅力が楽しめるスポットとしていま人気を集めています。

まず、こちらは落ち着いた和の風情が漂う小倉城庭園。

「茶道」を体験できる立礼席(りゅうれいせき)と呼ばれる茶室で提供されているのがー

◆記者リポート

「こちら小倉城庭園の立礼席では、本格的な抹茶を使ったかき氷を味わうことができるんです」

夏限定のメニュー、その名も「抹茶づくしのかき氷」800円(税込)です。

器に盛られた氷の上にはあずきと抹茶。

さらに、粉状の抹茶もかけられます。

そのお味はー。

◆記者リポート

「抹茶がふんだんに使われているので、すごく濃厚で上品な味わいです。氷がシャキシャキッとしているので、暑くほてった体に染み渡ります」

暑い日にぴったりのメニュー。

来場者の評判も上々です。

◆来場客

「この暑いときに最高のおもてなしです。私も氷の抹茶は初めてでしたけど、とてもおいしゅうございました」

◆小倉城庭園 館長・中川康文さん

「抹茶が苦いとか飲みづらいと思われている方いらっしゃると思うんです。そういう方にこそ小倉城庭園の抹茶かき氷からぜひ抹茶にふれあっていただければと思っております」

「抹茶づくしのかき氷」は1日20食限定で8月末まで販売されます(日曜定休)。

一方、夜の小倉城ではー

今年4月からライトアップショーが始まりました。

テーマは「縁結び」。

LEDによるライトアップのほか、レーザー発光やスモークマシンを駆使して15分に1回、光と音のショーが披露されます。

昼間とはまったく違う幻想的な光景が広がり、心癒やされるひとときを過ごすことができます。

また、天守閣ではー。

◆記者リポート

「コロナ禍前に始まり大人気だった、こちらの天守閣の最上階にあるバー、7月から本格的に復活しました」

普段は展望フロアとなっている最上階がおしゃれなバーに変身する「ナイトキャッスル」。

2年半前に新型コロナの影響で営業停止してから不定期で開催していたものの、市民からの要望を受けて毎週土曜日限定で再開することになりました。

北九州ゆかりの「巌流島の戦い」にちなんだ「武蔵レッド」に「小次郎ブルー」。

北九州産のレモンを使った「殿様サワー」。

また小倉の郷土料理「ぬか炊き」を使ったおつまみなど豊富なメニューがそろっています。

小倉の夜景を眺めながら大人の雰囲気を味わうことができます。

◆来場客

「夜景を見ながら飲めるのはうれしいです。」

◆来場客

「お城は基本的に閉めてしまったり、普通は安全の対策で入れないと思うんですけど、このような企画をされてるのはすごいですよね。街の力を感じます」

◆小倉城ナイトキャッスル 江口しおりさん

「天守閣の最上階でバーが開催できるお城は日本でも本当に有数なので、思いっきり楽しんでいただきたいです」

小倉城ナイトキャッスルの入場料はワンドリンク付きで1人1500円です。

新たな魅力が加わった小倉城で特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加