JO1、アリーナツアーで新曲披露! 芸術的な美のパフォーマンスにファン大歓喜

JO1、アリーナツアーで新曲披露! 芸術的な美のパフォーマンスにファン大歓喜

  • ar
  • 更新日:2022/09/23

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』の福岡公演を徹底レポ!

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』の福岡公演が、9月22日(木)、福岡・マリンメッセ福岡A館にて開催されました。
11人揃っての初となるアリーナツアー。ストリーミング配信も行われた本公演では、新曲「SuperCali」初披露という嬉しいサプライズもあり全JAM大歓喜!
笑って、泣けて、圧倒される、熱いライブの模様をたっぷりとお届けします♡

【画像】熱のこもったパフォーマンスに惚れ惚れ♡

(この記事もオススメ)「JO1の中で一番熱血な夏男は…」満場一致の”激アツ”メンバーとは?♡【川西拓実/佐藤景瑚/鶴房汐恩/豆原一成】

「福岡、ただいまー!」圧巻のパフォーマンスで凱旋

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

開演の時、ステージに登場した11人は「Move The Soul」からライブをスタート。そしてそのまま、「Born To Be Wild」「Algorithm」「YOLO-konde」「Walk It Like It Talk It」と、怒涛の5曲連続パフォーマンス!

デビュー3年目にしてようやく実現した初めての全国5都市を巡るツアー。ようやく生で彼らの姿を見ることができ、「JO1って本当に存在してるんだ…。」なんて感慨深くステージを待っていたJAM(JO1ファンの呼称)も少なくないはず。
が、いい意味でそんな感動に浸る隙も与えないほど、いきなりアクセル全開!熱く激しいステージで、会場の温度を上昇させていきます。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

さらに今回はすべて生バンド編成。“口から音源”な歌声と一糸乱れぬダンスに、生演奏のライブ感が加わることでさらに厚みのあるステージに。
メンバーそれぞれの挨拶では、鶴房汐恩さんが福岡公演ということで、某有名CM風に「は、か、た、のしおん!」と自己紹介。
木全翔也さんはこのツアーでは恒例のマイクを外した挨拶で「福岡ー!こんにちはー!」と生声を会場に響かせます。
福岡出身の川尻蓮さんは「ただいまー!」と、優しい笑顔で会場を見渡し「こうやってライブできたのも、デビューできたのも皆のおかげ」とJAMへの感謝を伝えました。
こちらこそ蓮くんをはじめメンバー全員、ライブしてくれてデビューしてくれて、生まれてきてくれてありがとうございます。

会場にどよめきが!新曲「SuperCali」をサプライズ初披露

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

その後もデビューシングル「PROTOSTAR」から2ndアルバム「KIZUNA」の収録曲まで幅広い楽曲をパフォーマンスし、中盤にはユニットステージで「Dreamer」「ICARUS」「So What」を3組に分かれて披露。いつもとは違う歌割りや演出で、この日限りのステージを楽しめるのもライブならでは。
さらに「君のまま」「ZERO」「僕らの季節」とミドルテンポの楽曲が続くパートでは、ステージから客席を優しく見つめながらパフォーマンスするJO1の姿が印象的でした。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

そしてこの日は、新曲「SuperCali」の初披露も!
“無限の可能性”というフレーズで終わるVTRが流れ、会場の誰もが「無限大」を披露すると予想していたであろうところに、突如スクリーンに映し出された「無限の可能性を叶える言葉」という今までの公演とは異なるメッセージ。思わぬサプライズ演出での新曲披露に、客席からは大きなどよめきが沸き起こりました。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

JO1のこれからの成長を誓い、体の隅々の細胞まで情熱を燃やすという強い信念が込められたこの楽曲。中毒性溢れるメロディと、まるで芸術作品のようなフォーメーションダンスで会場を魅了します。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

「SuperCali」は、“スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス”という呪文の英語の略。豆原一成さんは「この呪文、皆さんぜひ覚えて帰ってください!」とアピールし、好きな振り付けを聞かれた川西拓実さんは「11人揃ってフォーメーションを組んでやるダンスが大好き」と回答。
振付を披露してとメンバーからリクエストされるも「11人でやるのが好きって言ったのに!」とツッコミを入れ笑いを誘っていました。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

人気曲ながらライブで披露される機会が少なく、最近は本人たちがネタにすることも多かった「La Pa Pa Pam」や、初の全編英語詞となる「ALL HOURS」など、ライブ終盤戦にも多彩な楽曲を次々と披露。「GrandMaster」ではフリーダンスリレーをするも、トリの與那城奨さんにだけ回ってこない…というノリが毎公演恒例となっていましたが、本公演では無事に(?)與那城さんもウェーブを披露。これにはメンバーも大盛り上がり!
圧倒的なパフォーマンス力と和気あいあいとした空気感のギャップが至高。JO1の魅力が余すことなく詰まったステージに心を奪われ続け、ここまで体感5秒。
あっという間の本編ラストは「REAL」で幕を閉じました。

まさかの“オートファジー失敗”!JO1らしい笑いと涙のフィナーレ

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

アンコールでは「Dreaming Night」「Touch!」などポップな楽曲をメドレー形式で披露。メインステージとセンターステージを縦横無尽に駆け回り、JAMと目を合わせたり手を振ったりと、リラックスした雰囲気でパフォーマンスしていました。

No image

JO1のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR 'KIZUNA'』©LAPONE ENTERTAINMENT

最後の挨拶では、金城碧海さんが「僕達のパフォーマンスで悩みや不安が吹っ切れたよっていう人、います?」と問いかけると客席から大きな拍手が起こり、川尻さんは「福岡にこんな力強いメンバーと来れたことが誇らしくて…でもこれが最後じゃないので。また会う日まで、大好きです。」と涙ながらに語ります。
白岩瑠姫さんは以前に所属していたグループで福岡に訪れた時の葛藤を振り返ったのち「僕の生きる道を開いてくれて、生き返らせてくれてありがとうございます。生まれ変わっても皆のためにステージに立ちたいです。」と宣言。

佐藤景瑚さんも「こうやって皆と一緒にいられることが“Go to theTOP”なんじゃないかな」と感慨深げに話しました。

大トリを任された河野純喜さんは感動の挨拶を披露するも、他のメンバーの真顔やボーッとする姿がモニターに映し出されイジられまくり。
最後は「JAMの皆さんに謝らないといけないことがあります。福岡に来て…昼にめんたい重食べて…その3時間後にラーメン食べました。夜中にも違うラーメン食べました。オートファジー、失敗しました。」と打ち明け、これにはJO1も会場も大爆笑。
公演を締めくくる挨拶がまさかの“オートファジー失敗”。感動と笑いの緩急が凄まじい、これぞJO1。

結論:JO1は生きる糧。一生推させていただきます。

愛嬌たっぷりのメンバーに会場中が幸せな空気に包まれながら、最後は「With Us」の笑顔溢れるパフォーマンスで大団円を迎えた本公演。

No image

©LAPONE ENTERTAINMENT

この日初披露された「SuperCali」がリード曲として収録されている6TH SINGLE『MIDNIGHT SUN』は10月12日(水)発売。それに先立ち、本日から音源とPVが配信開始されています。

音源はコチラ

ツアーは残すところ、10月22、23日に東京・有明アリーナで行われる追加公演のみですが、JO1の勢いはますます加速するばかり。秋からの活動も目が離せません♡

これまのでJO1の記事を見る!

【大人気TikToker】那須ほほみ、色気ムンムン顔を披露♡意外な美肌キープ術も

ちょっとエッチみがあって可愛い♡ 秋服何着る?女らしさがベースのトレンドコーデ4選

No image

日笠麗奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加