千葉・銚子出身の鹿島FW鈴木優磨が“銚子の日”に2得点の大活躍「点を取る姿を見せたかった」

千葉・銚子出身の鹿島FW鈴木優磨が“銚子の日”に2得点の大活躍「点を取る姿を見せたかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

◇明治安田生命J1リーグ第13節 鹿島4―1札幌(2022年5月14日 カシマスタジアム)

No image

<鹿島・札幌>前半アディショナルタイム、鈴木が蹴り込んでこの日2点目のゴールを決める(撮影・篠原岳夫)

鈴木優磨ってどんな人?略歴、トリビアも!

銚子市出身のFW鈴木優磨(26)が「銚子の日」に大爆発した。「(銚子の)子どもたちもたくさん見に来ていた。点を取っている姿を見せたかった」と2ゴールでサポーターに応えた。

この日はフレンドリータウンデイズ「銚子の日」としてクラブが千葉・銚子市在住サポーターの招待企画を実施。地元からの応援に応えようと、普段は蹴らないというPKキッカーに志願してまでも得点をファンに届けた。「特別な日だったので、今日だけ蹴らせてくれと頼んだ」と明かした。

連敗すれば川崎Fに首位の座を明け渡す可能性もあったが、4発の快勝で“定位置”をキープ。鈴木は「(上位の)川崎Fもマリノスも勝った。我慢比べみたいになっているが、引く気はない。毎試合ベストを出して勝てるようにしたい」と意気込んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加