ファン必見!リブート版『ゴシップガール』と元祖版の意外な繋がり

ファン必見!リブート版『ゴシップガール』と元祖版の意外な繋がり

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/07/26
No image

2007年から2012年にアメリカで放送され、世界中で人気を博したドラマ「ゴシップガール」。そんな伝説的ドラマがリブート版として帰ってきた! と大注目を集めています。アメリカ本土では7月8日から配信が開始され、日本では動画配信サ ービス「U-NEXT」独占で配信されることが決定。

日本での配信に先駆け、元祖「ゴシップガール」とリブート版の意外な繋がりをご紹介! おさらいのためにもチェックしてみて♡

No image

ネイト・アーチボルドが偉大な人物に⁉

完璧な容姿と爽やかなスマイルで視聴者を魅了したネイト・アーチボルド(チェイス・クロフォード)。

リブート版「ゴシップガール」のエピソード1では、セントジュード学園とコンスタンスビラード学園の先生で主要登場人物の一人となるケイト・ケラー(タヴィ・ゲヴィンソン)が、ネイトのその後について言及するセリフが…!

「この学園は、偉人をたくさん輩出してきました。キャロライン・ケネディ(ケネディ元大統領の娘)やコルソン・ホワイトヘッド(「ピューリッツァー賞」を受賞したアメリカを代表する黒人小説家)、そしてネイト・アーチボルドも、この学園の卒業生です」

No image

ダン・ハンフリーは小説家として成功

かつて学園のセンセーションとなった「ゴシップガール」を、ケイトが回想するシーンも。

「ゴシップガールの正体は、私の同級生のダン・ハンフリー(ペン・バッジリー)だった」と明かすと、生徒からは「あの小説家の⁉」という反応が。

学園に通っていた10代の頃に小説「インサイド」でデビューをしてから、人々に知られる小説家となったみたい!

No image

ブレアのトレードマークを付けると仲間外れに⁉

リブート版の中心的存在となるゾヤ・ロット(ホイットニー・ピーク)は、メトロポリタン美術館前の階段に座る「スクールカースト上位グループ」に誘われます。しかし、グループの一人がゾヤが仲間に入ることに反対。その理由は、ヘッドバンドを付けているから!

旧作ではブレア(レイトン・ミースター)のトレードマークだったけれど、現代では“時代遅れ”とされてしまうのかも…?

No image

ブレアとチャックは現代だと「キャンセル」の対象に?

著名人による発言や行動によって、大衆がその人への支持を取り下げたり社会から追放する「キャンセル・カルチャー」が流行し、過激化しつつある現在。

学園の先生たちが過去のゴシップガールに関する情報を振り返りながら、ブレアとチャックがタッグを組んで生み出したゴシップたちを発見。この二人が現代で暴走してたら、キャンセル・カルチャーによって学園から干されていただろうと呟く画面も…。

No image

ナレーションは引き続きクリステン・ベル!

旧作で「ゴシップガール」の声としてナレーションを務めたクリステン・ベルは、もはや同作には欠かせない存在! リブート版でカムバックするクリステン・ベルの「XOXO」を聞くのが楽しみ♡

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARI

COSMOPOLITAN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加