本田圭佑、批判が集まる送別会動画について説明 「全く後悔がない。恥ずべきことは何もやっていない」

本田圭佑、批判が集まる送別会動画について説明 「全く後悔がない。恥ずべきことは何もやっていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

元日本代表MF本田圭佑(34)は14日、音声サービス「Now Voice」で批判が集まっている自身の送別会のダンス動画について説明した。

No image

本田圭佑

問題となっている送別会は本田がチームメートなどに感謝の気持ちや別れの挨拶が伝えたいという理由から約20名を招待して開催したという。本田は「現地の感覚としては何の問題もない。パーティーを開いたつもりは全くない。いつも試合前にチームで毎回ホテルで食事をしている」と説明し、加えて送別会を開いたことについても「全く後悔がなく、お互い感謝する素晴らしい会だった。恥ずべきことは何もやっていない」と語った。

そしてボタフォゴに所属していた1年間の中で選手たちを招待してランチをしよう約束していたが、シーズン中はコロナ影響が大きく結果的にチームを離れる時に1回しか開けなかったことの方が大きな後悔だったという心情も明かした。

問題となっているダンス動画についても「あそこにはダンスするつもりで行ってない。無茶ぶりされてダンスした」と話した。この動画でボタフォゴの選手たちが批判されるのは申し訳ないと思い、選手たちに気を遣って連絡し、お詫びしたことも明かした。

ボタフォゴの成績が良くない中で、本田自身が思った通りの結果が出せなく、チームを離れる時に批判されることについては「批判されている感覚はない。やるべきことをやり続けて結果を出す。これしかない。俺が結果を出せないから批判される。だから何の言い訳もする必要もない。弁解するつもりもない」と受け止めた。

最後に移籍に関しても1月末までには次のチームを決めたいと話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加