レッドソックス、2020年盗塁王のモンデシーをトレードで獲得 昨季はケガでほぼ全休

レッドソックス、2020年盗塁王のモンデシーをトレードで獲得 昨季はケガでほぼ全休

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2023/01/28
No image

MLB公式球

レッドソックスは24日、ロイヤルズとのトレードでラウル・アダルベルト・モンデシー内野手(27)を獲得した。ロイヤルズは見返りに救援左腕ジョシュ・テイラー(29)と後日選定のもう1選手、あるいは金銭を得る。MLB公式サイトが伝えた。

2015年のワールドシリーズでデビューし、ロイヤルズの一員として世界制覇を経験したモンデシーは、19年にメジャートップの10三塁打、短縮シーズンだった20年には24盗塁をマークして盗塁王に輝いた。だが、昨季は4月26日の試合で左膝の前十字靱帯(じんたい)を損傷。わずか15試合に出場したのみで、残りは全休となっていた。

前十字靱帯損傷から回復するには一般的に約9カ月が必要とされており、モンデシーは現在、春季キャンプに間に合うように調整を進めているという。ここまで通算358試合に出場し、打率2割4分4厘、38本塁打、157打点、133盗塁を記録している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加