車に“赤ペンキ”被害 修理に50万円超 5年前も...

車に“赤ペンキ”被害 修理に50万円超 5年前も...

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

今月12日の深夜、都内のマンションに現れた、黒ずくめの人物。設置された柵をまたぎ、建物へ近付きます。

その先にあるのは、住民の駐車場です。駐車場の前で十数秒とどまった後、何事もなかったかのように立ち去っていきました。

一体、何をしていたのでしょうか?

翌朝、車の持ち主の目に飛び込んだのは、赤いペンキで汚れた車でした。

ペンキを落とすと、塗装も落ちてしまうため、バンパーはすべて交換。修理には、50万円から60万円かかる可能性があるといいます。

しかし、被害はこれだけではありませんでした。

真っ赤なペンキが付いた別の車の写真。実は、5年前の11月12日、つまり今回の被害と同じ日に、全く同じような被害に遭っていたのです。

被害男性:「事故報告した時に、保険会社から『あれ?同じ日付ですよ』と言われた。『5年前にも(保険を)使われていますけども、同じ日付ですよ』と。調べたら、本当だった。恐怖を覚えますよね」

車の持ち主の男性は、警察に被害届を提出しているということです。

(「グッド!モーニング」2021年11月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加