分科会 現在の感染状況「増加と減少の要因が拮抗」

分科会 現在の感染状況「増加と減少の要因が拮抗」

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/16
No image

動画を見る(元記事へ)

政府の新型コロナ対策を話し合う分科会は現在の感染状況について、感染の「増加要因」と「減少要因」が拮抗(きっこう)している状態だという認識を示しました。

政府の新型コロナ対策分科会は現在の感染状況について、普通の生活に戻りたいという気持ちから人々の活動が活発化してクラスターの発生場所も多様化していると指摘しました。一方で、多くの人が感染リスクの高い場所や行動を控えていて、感染の「増加要因」と「減少要因」が拮抗しているとしました。そのうえで、このバランスが崩れると感染が一気に拡大する恐れもあることから、政府に対してどのような行動を取るとリスクが高まるのかなどを具体的に国民に説明するよう求めました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加