5000年前の仮面をつけた謎の小像が遺骨とともに発見される(ロシア・シベリア共同墓地)

5000年前の仮面をつけた謎の小像が遺骨とともに発見される(ロシア・シベリア共同墓地)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/10/18
No image

仮面をつけた謎の小像 image by:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography

5000年前のシベリアの共同墓地で、仮面をつけた奇妙な小像が発見された。その像は、粘土で作られており、顔を下に向けた状態で埋葬されていた女性の肩のあたりに置かれていた。

謎めいているのは、像の体の真ん中がくりぬかれていることだ。中には、青銅の皿や未知の有機物が納められており、またひとつ、考古学の謎が増えたようだ。

【他の記事を見る】約3000年前。南アメリカで最も古い人工金属加工の仮面が発見される。

オディノフ文化の謎の埋葬儀式

今年の夏、西シベリア、ノヴォシビルスクの共同墓地から仮面をつけた人型の小さな像が発見された。この墓は、青銅器時代のオディノフ文化を生きた人々のもの。この名前は、西シベリアを流れるイシム川下流近くのオディノと呼ばれる集落にちなんで名づけられた。

オディノフの人々は、おもに狩りや魚釣りで生活していたが、羊、馬、ウシなどの動物も飼っていたようだ。彼らは、川や小川のある平坦な土地の森林や草原に囲まれた場所で、独立したコミュニティとして暮らしていたと言われている。

この興味深い小像は、男性の上に顔を伏せて横たわっていた女性の肩の近くに置かれていたという。このふたりは、埋葬される前に一度燃やされた樺の樹皮で包まれていた。ふたりの遺骨のすぐ下からは、別の男女も遺骨も見つかっていて、このような多層埋葬の風習はオディノフ文化では一般的だったようだ。

No image

西シベリアの共同墓地に埋葬された女性の肩のあたりに、仮面をつけた像(丸印)が置かれていた

image credit:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography /The Siberian Times

2019年5月、オディノフ文化と関連のある奇妙な骨がもうひとつ見つかった。それは、鳥のくちばしでできた首飾り、頭飾り、鎧らしきものを身に着けた人物の遺骨だった。

これは、オディノフのほかの埋葬では見られない珍しい例だ。ノヴォシビルスク考古学民族誌研究所のリリア・コベレヴァは、このようなタイプの遺骨は西シベリアのオディノフ文化では見つかっていないと言っている。

No image

オディノフのべつの墓からは、30~40の鳥のくちばしと頭部が発見された

image credit:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography / The Siberian Times

仮面をつけた小さな像の謎

手のひらサイズのこの小立像は粘土で作られていて、これを作った古代の職人は馬の椎骨からこれにつける小さな仮面もこしらえている。考古学者たちは、この骨の仮面は、クマの顔のように見えたのかもしれないと考えている。

像の仮面をとり去ると、小さな筋の入った顔が現われる。このラインは、タトゥーを表わしているとされる。小立像は明らかにコーカサス人とわかる顔だちをしているため、ここに埋葬された人たちとは違うという。

この粘土製の小像が、男女どちらを表わしているかもよくわからない。これは、珍しいことで、もともと服を身に着けていたかどうかも不明だという。

No image

image credit:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography / The Siberian Times

この像は、墓の主である女性と同様、顔を伏せて置かれていたが、どういうわけか、頭部はとれてしまっていて、逆さになっていたので、現代の誰も見たことがない儀式を見上げているようにみえ
るという。

No image

なぜか、マスクをつけた像の頭はとれてしまっていて、逆さになっていた

image credit:Novosibirsk Institute of Archeology and Ethnography / The Siberian Times

さらに謎めいているのは、小立像の体の真ん中がくりぬかれていることだ。中には、青銅の皿や未知の有機物が納められていた。これがなんなのかは、現在、分析中だ。

研究チームのヴャチェスラフ・モロディンは、この発見の重要性を強調する。

これは間違いなく掘り出し物といっていいでしょう。エルミタージュからルーヴルまで、世界のどんな美術館もこれを展示したがると思います。

わたしたちは、オディノフ文化の埋葬儀式についてよく知っていますが、こんなものにお目にかかったことはこれまでありません。死後、このような小立像に来世へとエスコートされたこの女性は、たいした人物だったに違いありません

未知の有機物がなにかがはっきりわかれば、この稀有な女性と、仮面をかぶった奇妙な小立像の護衛のことがもっとわかるかもしれない。

References:ancient-origins/siberiantimes/ written by konohazuku / edited by parumo

・あわせて読みたい→不気味なデザインをした10の歴史的なマスクとその使用目的(仮面)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加