ロッテ・井口監督「これだけ走塁ミスが出たら」拙攻連発で勝率5割に逆戻り

ロッテ・井口監督「これだけ走塁ミスが出たら」拙攻連発で勝率5割に逆戻り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

7回、投手交代を告げた井口監督(撮影・開出牧)

「ロッテ3-5ヤクルト」(9日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテは拙攻が響き連勝ならず。勝率5割に戻った。

2点を追う二回には安田の右前適時打で1点を返しなおも1死一、三塁から藤岡が初球を二ゴロ併殺。四回は先頭のレアードが右前打を放つも菅野が二ゴロ併殺。1点差に迫った八回には先頭のレアードが中前打で出塁も柿沼が送りバント失敗し捕飛。代走の和田も飛び出しダブルプレーでチャンスはついえた。九回も1死満塁の好機を生かせなかった。井口監督は「2回も3回もチャンスがあって、取れる時に点を取れなかった。これだけ走塁ミスがでたら」と厳しい表情。

ヤクルト戦1勝1敗で迎え、10日は佐々木朗が先発。「まあ、あした、なんとか、朗希ですから。頑張ってほしい」と背中を押した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加