7回緊急登板の阪神馬場皐輔6ホールド 「何とか粘ってくれた」矢野監督

7回緊急登板の阪神馬場皐輔6ホールド 「何とか粘ってくれた」矢野監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

日本ハム対阪神 7回途中登板の馬場(撮影・黒川智章)

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム2-4阪神>◇10日◇札幌ドーム

緊急登板した阪神馬場皐輔投手(26)がリードを守り抜き、今季6ホールド目を挙げた。

先発アルカンタラが打球を左足に受けて降板し、7回無死一塁でマウンドへ。高浜を遊ゴロ併殺に仕留めた後、四球と連続安打で1点差に詰め寄られるも、代打大田を初球スプリットで三ゴロ。矢野監督は「馬場も急遽の登板でちょっと最後はバタバタしたけど、何とか粘ってくれた」とねぎらった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加