仮設遊園地の乗り物の土台が大きく揺れて崩壊の危機!通行人らが慌てて取り押さえるというハプニング絶叫!

仮設遊園地の乗り物の土台が大きく揺れて崩壊の危機!通行人らが慌てて取り押さえるというハプニング絶叫!

  • カラパイア
  • 更新日:2021/07/20
No image

アメリカでは夏の風物詩として仮設の移動式遊園地が広場などに設置されるのだが、仮設だけに乗り物の安全性に問題がある場合も多く、別の意味でのスリルを味わうことが多いようだ。

ミシガン州トラバースシティの広場に仮設された移動式遊園地では、振り子式の乗り物に問題があったようで、乗客を乗せ稼働させていたところ、土台が大きく揺れ、乗り物が傾斜し始めるというアクシデントが勃発した。

【他の記事を見る】天国から地獄へ急降下、遊園地の回転系乗り物アクシデント3連発

乗り物の土台が揺れ、崩壊の危機!乗客らが別の意味で大絶叫

この乗り物は振り子の原理を利用して、片側に乗客を乗せたボートがくるくると回転する「マジックカーペットライド(Magic Carpet ride)」というものだが、その土台が不安定だったようで、乗客を乗せたまま土台が揺らぎ、乗り物が傾斜し始めた。

(Traverse City) Cherry Festival Ride Brakes [INSANE FOOTAGE MUST WATCH]

来場者たちが次々と土台を抑え危機を乗り越える

この様子を見たまわりにいた人は騒然となった。このままでは乗り物は倒れてしまう。そのうちの1人の男性が、乗り物の転倒を防ごうと、土台に乗って重さを加えた。それを見た他の来場者たち次々にかけつけ、土台を支えようとした。

この作戦が功を奏し、乗り物の揺れは停まり、回転する振り子の動きを止めることができたようだ。

No image

ようやく止まった乗り物から、スタッフにより安全バーが外され、次々と乗客が降りていった。幸いなことに怪我人はでず、周囲の人からは大きな拍手が巻き起こった。

乗り物から降りた人々はその安堵感から抱き合いながら無事を喜んだ。

No image

こういった仮設の移動式遊園地では事故が起こりやすい。今回は皆無事ですんだが、過去には死亡事故も起きている。

この遊園地を運営していたアーノルド・アミューズメンツ社のジョー・イーヴンさんは「この乗り物はは解体され工場へ戻されました。機械の誤作動があったことは確認できましたが、原因は明らかになっていません。オハイオ州の製造工場で何が起きたのかの調査を行っている最中です」と語っている。

Scary Viral Video: Carnival Ride Breaks With Passengers On Board

私もアメリカにいたころ、何度も移動式遊園地に遊びにいったものだが、何が怖いって1つ1つの乗り物は小ぶりなんだけどスピード感が半端ない。

小さな観覧車ですら絶叫レベルの速さだし、いつ壊れても危うさも漂っているで、大きな遊園地とはまた違ったスリルが味わえることは確かだが、危険の隣り合わせ感が半端ないので、乗る人は自己責任でと言うしかないな。

・あわせて読みたい→高さ60メートル、逆さまで宙づり状態で45分。オランダの遊園地であってはならないハプニング

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加