麦茶市場は節約・健康志向を背景に拡大 ティーバッグ再評価の兆しも

麦茶市場は節約・健康志向を背景に拡大 ティーバッグ再評価の兆しも

  • 日本食糧新聞電子版
  • 更新日:2020/05/27

2019年の麦茶市場は、長雨や冷夏の影響で飲料全体が苦戦する中、前年比4.9%増と前年超えを果たした。好調の流れは2020年に入ってからも続いている。最大の理由は、現代の健康志向と合致していることだ。特にティーバッグ麦茶はノンカフェイン、ノンカロリーの健康性と低価格な経済性を兼ね備え、子どもからお年寄りまで飲用層が幅広いのが特徴だ。定番の煮出し、水出しのほか、最近ではマイボトル用のティーバッグも登

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加