ヤクルト・石山「プレーと結果で」恩返し 4年7億円で残留

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/11/22

今季国内フリーエージェント(FA)権を取得し、残留を決めたヤクルト・石山泰稚投手(32)が21日、所用で神宮球場のクラブハウスを訪れ「長く契約してもらったので、プレーと結果で返さないといけないというのは一層強くなった。責任感を持って一年一年、頑張りたい」と改めて来季以降の抱負を口にした。

プロ8年目の今季は44試合に登板し、3勝2敗20セーブ。19日までに出来高を含めた4年総額7億円で契約に合意した守護神は、球団の評価に「感謝しかないです」と話した。

高津監督は「淡々とマウンドに上がる姿は立派な救援投手。(来季も)抑えとして期待しています」と明かしている。救援陣の大黒柱が、来季以降も燕党に勝利を届ける。(横山尚杜)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加