C大阪のエースナンバー「8」 柿谷移籍で今季は6年ぶり欠番濃厚

C大阪のエースナンバー「8」 柿谷移籍で今季は6年ぶり欠番濃厚

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/13

C大阪がクラブのエースナンバーである背番号8に関して今季は欠番とすることが12日、濃厚となった。

No image

2009年2月のG大阪との引退試合、森島(中)はC大阪・香川真司(左)との8番同士の交代時、握手する

13~14年、16~20年と長く背負ってきたFW柿谷が名古屋へ完全移籍。15年シーズン以来6年ぶりに誰も身につけない見通しとなった。

森島社長が08年に引退するまで背負い、象徴として扱われてきた背番号8。その後は香川や清武、柿谷と、その時代のエースと呼ばれる選手に託されてきた。レヴィー・クルピ監督が復帰するなど、大きく体制が変わる今季。「8」を背負える新たな選手の台頭も求められることになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加