大谷翔平を彷彿「もはや軟体動物」 中日ドラ1高橋宏が披露した可動域にファン驚愕

大谷翔平を彷彿「もはや軟体動物」 中日ドラ1高橋宏が披露した可動域にファン驚愕

  • フルカウント
  • 更新日:2021/02/23
No image

中日・高橋宏斗【写真:小西亮】

球団公式インスタが動画で公開「#球速が出る秘訣」

中日ドラフト1位ルーキー高橋宏斗投手が、驚きの柔軟性を披露している。沖縄・読谷村での2軍キャンプで順調な調整を進めている右腕がふと見せたのは、肩甲骨の可動域の広さ。エンゼルスの大谷翔平投手を彷彿とさせる姿に、ファンから驚きの声が上がっている。

球団公式インスタグラムが動画で公開。高橋宏は右手を腰に置くと、左手で右肘を持ってグイッと前方へ。ストレッチでもするように涼しげな顔で肘を出している姿が、両肘を前方に出す大谷の“有名なポーズ”にそっくりだ。

今キャンプで悠々150キロを出している金の卵の驚きの姿で、投稿でも「#球速が出る秘訣」「#ビックリ」などとハッシュタグが添えられていた。ファンから「もはや軟体動物ですね」「大谷選手と同じだ!」「す、すごい!!」「柔らかww」などと驚嘆のコメントが寄せられている。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加