貴景勝、来場所は綱取り「レベルの低い優勝も困る」

貴景勝、来場所は綱取り「レベルの低い優勝も困る」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

伊勢ケ浜審判部長(右)から優勝旗を受け取った貴景勝(撮影・鈴木正人)

<大相撲11月場所>◇千秋楽◇22日◇東京・両国国技館

大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が18年九州場所以来2年ぶり2度目、大関としては初めての優勝を果たした。本割一発で決めることはできなかったものの、最後は勝ち切った。

◇   ◇   ◇

伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)が来年初場所が貴景勝にとって綱とり場所になると明言した。横綱昇進には「2場所連続優勝もしくは、それに準ずる成績」という横綱審議委員会の内規がある。同審判部長は「当然、優勝となればそういう話になる」と説明。今場所は初日から白鵬、鶴竜の2横綱休場に加え、大関朝乃山、目玉だった新大関正代も途中休場した。この状況もあってか、来場所について「優勝しないとダメ。レベルの低い優勝も困る」と優勝を絶対条件にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加