【札幌新馬戦】コラリン 水準以上の動き、陣営「スピードタイプで芝もこなせる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

良血ダイワメジャー産駒コラリン(牝=木村)が土曜札幌5R(芝1000メートル)にスタンバイ。母がダート6Fで4勝モルジアナで、その半弟に芝で重賞3勝シャケトラがいる。

太田助手は「新馬向きの気性。体のシルエットは母に似ているけどスピードタイプで芝もこなせる」とイメージ。最終追いは函館芝コースでルミナスゲート(3歳未勝利)と併せ、馬なりで5F65秒3~1F12秒0を刻んで併入した。「ゲートや動きは水準以上。幸先のいいスタートを切りたい」とやる気。鞍上は横山武を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加