上原浩治氏 現役時代「ナゴヤDが一番好きでした」 甲子園には感動「マウンドから見た最高の景色だった」

上原浩治氏 現役時代「ナゴヤDが一番好きでした」 甲子園には感動「マウンドから見た最高の景色だった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

ABCラジオ朝の人気番組「おはようパーソナリティ 道上洋三です」(月~金曜前6・30)の10日放送に元巨人エースで、メジャーでも活躍した上原浩治氏(46)がゲスト出演。現役時代好きだった球場について「ナゴヤドームが一番好きでした」と明かした。

No image

99年5月の阪神―巨人戦、7回裏に甲子園名物の風船を眺める上原

上原氏は交流戦首位に立つ中日について「昔から中日投手陣はいいイメージがあります。僕が現役の時にやってたと時からピッチャーが良かった」とコメント。「投手だけなら中日が一番。打つ方がもっとしっかりしていれば、リーグで1位か2位でもおかしくない」と続けた。

球場としては「僕はナゴヤドームが一番好きでした。投げやすくて球場が広いので。ピッチャーの立場から言わせてもらうとナゴヤドームが一番良かった」とコメント。さらに「甲子園も好きでした。先発した時は7回裏まで投げるのが目標だった。マウンドから見るジェット風船が最高の景色だったので。7回裏のピッチング練習やめてまでも見てました」と現役時代を振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加