川崎のJ1優勝決定は持ち越しに...前半で谷口が退場、野村のPK弾で大分が勝利

川崎のJ1優勝決定は持ち越しに...前半で谷口が退場、野村のPK弾で大分が勝利

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

大分が川崎を下し、優勝決定は持ち越しに [写真]=J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ第28節が21日に行われ、川崎フロンターレと大分トリニータが対戦した。

この試合に勝てば2シーズンぶり3度目の明治安田生命J1リーグ優勝が決まる川崎は、谷口彰悟、大島僚太、小林悠らがスタメン入り。今季限りでの現役引退を発表している川崎の“バンディエラ”・中村憲剛も2試合ぶりに先発に名を連ねている。今季12得点を挙げている三笘薫はベンチからのスタートとなった。一方、大分は岩田智輝、町田也真人、田中達也らがスタメンのリストに並んだ。

試合は序盤からホームの大分が主導権を握る。6分と24分に野村直輝、8分と19分に伊佐耕平がシュートを放つも、チョン・ソンリョンのファインセーブで得点には至らず。それでも34分、町田のロングパスに抜け出した野村が谷口に倒されてPKを獲得する。谷口にはレッドカードが提示され、川崎は数的不利での戦いを強いられることとなった。このPKを野村が冷静に沈め、大分が先手を取った。

後半に入ると川崎はメンバーチェンジ。中村、長谷川竜也に代えて田中碧、三笘がピッチに立った。後半に入ると川崎が徐々にペースを握り返したものの、大分も巧みな試合運びを見せ、決定的なチャンスを作らせない。80分を過ぎると途中出場の三笘、脇坂泰斗、レアンドロ・ダミアンらが次々とゴールに襲いかかるも、最後までネットは揺れず。試合はこのままタイムアップを迎えた。

敗れた川崎はこの試合で優勝を決めることはできなかった。それでも、22日に開催される浦和レッズvsガンバ大阪で、G大阪が引き分け以下となった場合は川崎の優勝が決定する。

次節は29日に行われ、川崎はG大阪と、大分はセレッソ大阪と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
大分トリニータ 1-0 川崎フロンターレ

【得点者】
1-0 34分 野村直輝(大分トリニータ)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加