大谷の三盗失敗を指揮官が擁護「積極的に走ろうと話していた。彼に非はない」

大谷の三盗失敗を指揮官が擁護「積極的に走ろうと話していた。彼に非はない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

試合後のオンライン会見で大谷の次回登板について話すマドン監督

「エンゼルス3-7レイズ」(3日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場し、六回にメジャートップタイの9号2ランを放つなど、4打数2安打2打点だった。前日のマリナーズ戦で右肘に受けた死球の影響で予定されていた登板を回避したが、6戦ぶり8度目のマルチ安打で打率を・272とした。チームは連敗で借金1となった。

試合後の監督会見。米記者から初回の大谷の三盗失敗に関する質問があった。

初回の打席で三塁手のグラブをはじき、センターへ抜ける打球に快足を飛ばし、好判断で二塁打にした大谷。しかし、次打者トラウトの初球に試みた三盗に失敗し、先制機を逸した。

マドン監督は防御率1点台の敵軍エース、グラスノーの攻略のカギとして「試合前のミーティングで積極的に走っていこうという話をしていた」と説明。開幕から自分の判断で盗塁するグリーンライト(青信号)の権利を与えている大谷が、前日のマリナーズ戦で右肘への死球を受けた後に二盗、三盗を成功させたことを高く評価しながら「ゲームプランの一部。あの場面は少し力が入りすぎていたかもしれないが、彼に非はない」と擁護した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加